STAFF:社員紹介

仕事を通じて人と人とのいい関係をつくっていきたい:横浜支店 三井田 真代

私はサポートマネージャーの仕事を希望して、2年前に新卒入社しました。この仕事を知ったのは大学の就職活動中。会社研究をしていく中で、サポートマネージャーやフロントと呼ばれるマンション管理の仕事があることを知って、人の暮らしに密接に関われる仕事に魅力を感じたのがきっかけでした。自分の適性を考えてみても、モノを売ってお客さまとの接点が1回で終わってしまう仕事よりも、お客さまと長く接していける仕事が自分に合っている。そこでサポートマネージャーの仕事を目指すことを決め、管理会社を20社以上受け、この会社を選びました。

入社の決め手になったのは会社説明会で先輩社員が私たちに丁寧に誰にでも分け隔てなく対応してくださったこと。社員一人ひとりを大事にしてくれる会社なんだなと感じました。実際に入社してからも、入社前の印象は変わっていません。 また、「新人だから」「下っ端だから」といった扱いもなく、作った資料などをきちんと評価してもらえる社風もいいところだと感じています。

サポートマネージャーは、いろんな部署の人たちと連携しながら進めていく仕事で必要な業務知識も多く、毎日が勉強です。先輩社員にお願いしていろんな現場に参加させてもらい、話し方や問題が起きたときの解決方法などを学ぶこともあります。 マンションのためになる提案をしていくのも大事な仕事。LED照明の導入を提案し、導入の翌月から目に見えて電気料金が減ったとき、理事会のみなさんが喜んでくださいました。そのときの役員の方の笑顔が本当にうれしかったです。 まだまだ1人前になるには長い道のりですが、この仕事を通じて、人と人のいい関係をたくさん作っていきたいと思っています。

仕事風景

三井田さんの1日

7:00
起床
9:00
出社
メールチェック
コールセンター報告書の確認
担当マンションの管理員さんと連絡
担当物件巡回
12:00
昼食
13:00
打ち合わせの議事録作成
担当マンションの掲示物作成
16:00
上司と情報共有、打ち合わせ
19:00
退社
20:00
帰宅
24:00
就寝

エントリーはこちらから

ENTRY

このページのトップへ